第3回 広島放射線治療チーム医療研究会

[Blog : 第3回 広島放射線治療チーム医療研究会]

平成30年11月17日(土)
TKPガーデンシティPREMIUM広島駅前ホールにおきまして、
第3回 広島放射線治療チーム医療研究会を開催しました。
(お知らせやプログラムはこちら)

これは広島大学で推進しておりますプロジェクト、
世界最高水準の放射線治療チームの育成と、
地域及びアジア近隣諸国への展開プロジェクトの一環となります。
今回のテーマは「小児・AYA世代に対する効果的なチーム医療」とし、
国内の小児・AYA世代を専門に活動されている先生方をお招きして研究会を行いました。

セッション1では「効果的なチームビルディングと実践」を掲げ、
本プロジェクトのこれまでの活動を報告すると共に、
アクリート・ワークス、守屋文貴先生による、
医療機関特化型チームビルディング研修を行いました。

(アクリート・ワークスのHPはこちら)

セッション2では「小児・AYA世代に対するチーム医療」を掲げ、
兵庫県神戸市、チャイルドケモクリニック院長、楠木重範先生をお招きし、
小児・AYA世代の患者支援に関するご講演をいただくと共に、
「小児・AYA世代がん治療におけるチーム医療の現状と課題」及び
「小児・AYA世代に対するよりよい放射線治療チームの実現に向けて」というテーマに関して、
それぞれ4名の先生方にご講演をいただきました。

参加者は総勢58名で、医師、看護師を始め、放射線技師、医学物理士、
チャイルドライフスペシャリスト(CLS)、歯科衛生士、心理士、作業療法士、
保育士、メディカルソーシャルワーカー(MSW)といった、
極めて多様な職種の方々からのご参加をいただきました。

今回は小児やAYA世代に対する医療といった、非常にデリケートで難しい課題を敢えてテーマに設定しました。
日本の各所で行われている様々な活動を幅広く学び、
現状の課題を共有し、その問題を各々が考える事で、
将来におけるチーム医療の役割や可能性について考え、
本プロジェクトの今後の方向性に関する手がかりとする事が目的でした。

研究会ではディスカッションも非常に活発に行われ、
それぞれ20分で用意していた枠が全く足りないほど、
様々な意見や質疑応答の飛び交う、大変有意義な時間となりました。
それぞれの思いを共有できる、良い場になったのではないかと思います。

またチームビルディング講習では限られた時間の中で大変多くの学びがありました。
そこで学んだ、チームにおける目的・目標・計画を意識して明確化する事の大切さは、
多くの参加者の心に刺さり、私の職場でも早速活用している姿が散見されました。

アンケートにも多くの前向きなご意見をいただきました。
参加者の皆様の多くにとって、たくさんの学びのある有意義な研究会になったのではないかと思います。
ご協力くださいました先生方に、改めて御礼を申し上げます。

本プロジェクトは今年で三年目で、来年度から後半戦に入ります。
今後もより高い成果物を得られる事を目指し、
メンバーと共に活動を行っていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。