大阪大学病院 組織内HDR照射見学

[ブログ]

現在、広島大学放射線治療科では舌癌に対する小線源治療を積極的に施行しています。

用いるのは低線量率小線源でありましたが、ここ最近線源供給の問題に悩んでおり、

今年度よりIr-192に関しては高線量率小線源に移行することとなりました。

幸い、高線量率小線源治療を積極的に施行されている大阪大学歯学部より当院歯科放射線科に柿本先生が

教授として赴任され、当院でもスムーズに導入できる素地がありました。

そこで、導入に先立ち当科医師、技師、看護師を含め大阪大学病院に実際の治療を見学させていただく機会を頂きました。

前書きが長くなりましたが、去る4/23に柿本先生、私を含め5名で大阪大学病院にお邪魔いたしました。

教科書でイメージするより実際の治療の光景、ワークフロー、所要時間などを目にすることができ、大変勉強になりました。

近日中に物品を揃え関連他科へ周知させていただき、導入していこうと思います。

最後に、お忙しい中ご対応いただきました。小川教授、村上教授を始め大阪大学放射線治療科、

歯科放射線科の皆様、大変ありがとうございました。