大阪大学病院見学、振り返り会

大阪大学にて、HDR、組織内小線源治療に関する手技を見学後、訪問メンバーで再度集まり、記憶の新しいうちに振り返り会を行いました。

[目的] HDR、組織内小線源治療を安全に当院へ導入するため
[目標] 情報を全員で共有し、各自の役割と具体的な仕事の割り振りを行う
[方法] ファンクショナルフローチャートの活用

新しい治療導入時には、必要な知識を全員が共有している事が必要です。

情報伝達の方法としては文章よりもグラフィカルの方が理解を促しやすく、

従ってここでも模造紙を用いたファンクショナルフローチャートを作成しました。

完成したファンクショナルフローチャートはこちら。